Pairs(ペアーズ)で彼氏彼女が出来た、出会えた!恋活アプリの成功談

「ペアーズで出会った体験談を知りたい!」
「ペアーズは本当に出会えるの?」

優良マッチングアプリとして、紹介されることが多いペアーズ。

会員数は1000万人と業界でも最多です。

男女ともにアクティブ率は非常に高く、初心者でもマッチングすることができます。

今回紹介したいのは、私が実際にペアーズを使って出会うことができた女性です。
Twitterや公式ページなどには、良縁報告もされていますが、真偽についてはイマイチです。

そこで、私の体験談を赤裸々に告白したいと思います。

公式ページにある良縁報告

体験談を紹介する前に、公式ページにある良縁報告を紹介します。

ペアーズでは、実際にアプリ内で知り合った人がカップリングしたり、結婚したりすると良縁報告としてレポートの提出を推奨されます。

トップページから閲覧可能であり、馴れ初めからカップリングまで様々な報告を見ることが可能です。

中には、アプリを通じて結婚をした人もいました。

現代社会では、ネットを通じて出会うということが一般的になりつつあるので、ネットの出会いに抵抗がある人は少なくなりました。

公式が募集している報告であり、現在では150件数以上のレポートを閲覧することが可能なので、信用性があります。

幸せレポートとして閲覧可能なので、実際にペアーズを使って出会えるということに変わりはありません。

Twitterでも恋人ができたと報告する人もいて、リアルな声と判断することができます。

これらを見る通り、ペアーズを使って出会うことは可能であり、うまくいけばカップリングも可能です。

会えることが分かったところで、私が実際に会った女性との体験談を語っていきましょう。

Pairs(ペアーズ)を使って出会った女性

私は、ペアーズを使って、過去に4人の女性と出会ったことがあります。

最後に出会った女性は、現在でもお付き合いしている女性であり、きっかけは相手からのいいねでした。

元々は、恋人を作る目的で登録しておらず、友達を作る目的で登録していました。

地方から上京して、都内に住み始めた私は、一切友達がいませんでしたし、気軽に飲みに行けるような人を募集していたところ、今の彼女がアプローチしてきたというわけです。

年齢は、私の5個上の女性であり、プロフィール画像を見る限り美人で素敵な女性というのが第一印象でした。
旅行が好きという彼女は、旅行関連のコミュニティに入っていたのですが、私も彼女と同じコミュニティに参加していました。

しかも、10個中8個が共通のコミュニティという偶然の状況。

彼女も私にいいねをして、最初に会話をするときに共通するコミュニティの多さに驚いてメッセージしてきました。

現在は、無料会員に戻ったので、彼女のメッセージを見ることができませんが、これが彼女とのやり取りのきっかけになります。

コミュニティに参加していれば、共通の趣味の人が見つかりますし、生涯のパートナーが見つかるというのはうそではありませんでした。

そこから、彼女とやり取りをしていくこと2日。

なんと彼女から連絡先の交換を持ち掛けられたのです。

当時は、地元の友達にその状況を説明するために、スクショを撮っていました。
そのスクショが残っていたので、貼っておきますね!

私の返信が、相槌だけなのは仕事が忙しかったからです。
当時のことを思い出して、彼女がよくその話をしてきますが、今思うと彼女に申し訳なかったと思いますねw

連絡先を交換してからは、しばらくラインでやり取りが続きました。

お互いの趣味の話をすることが多く、私の趣味を尊重してくれたり、私が彼女の趣味を尊重したりして距離感も縮まりました。

一番うれしかったのは、私が好きなダーツを彼女も始めてくれたことです。

基本的には、インドア派な私ですが、高校生のころからダーツを続けていて、たまに一人でダーツに行ったりしていたのです。
その話をすると、彼女も興味を持ち始めて、話してから数日後には友人とダーツバーに行ってきたという報告を受けました。

ラインでも言っていましたが、趣味を理解してくれる人は本当にうれしいです。
その人のためにやってきたわけではありませんが、自分を認められた気がして余計に。

彼女とのやり取りは続き、ラインを交換してから約2週間後に会う約束をしました。

普段、電話をして話しているつもりが、会うと決まったら緊張してしまいます。

過去に、3人と出会ってきた私でも、今回の女性は趣味が合いますし、私にとっては最適な女性だと思っていました。

会う約束が決まっても、当日までしっかり連絡を途絶えずに行い、前日の夜まで電話していました。
※厳密には当日の朝もですw

こうして、彼女に会うことになったわけです。

初デートはダーツバーで

彼女と会う約束をして、当日になりました。

ダーツの話から、一緒にダーツに行くことになり、昼間に合流してデートプランの中にダーツバーが含まれていました。

待ち合わせ場所は、渋谷駅です。

土曜日の14時約束でしたが、早めに到着した私は彼女に連絡しました。

すると、彼女も早めに到着していたようで電話して場所を伝えて対面。

ペアーズの写真よりも格段に美人であり、顔も小さくモデル体型でした。
あまりの美人さに、「本当にこの人は素人なんだろうか」と疑ってしまったほどです。

しかし、身長は私よりも一回り小さく150㎝未満。
ペアーズに書いていた身長よりも、15㎝ほどは違いましたね。

軽い挨拶を済ませた後に、僕が外回りでよく使っているおしゃれなカフェに行きました。

お互い、カフェが好きということもあって、良い時間を過ごせました。
17時からダーツバーがオープンするということだったので、3時間近くはカフェで話し込んでいましたね。

やはり、会う前にある程度仲良くなっておけば、話題が尽きることはありません。
終始彼女と会話を楽しんでいました。

時間になったので、そのままダーツバーに移動。

ダーツバーでは、学生のころからしている僕が彼女に教える形で楽しみました。
お酒も入ったりして、二人で盛り上がったりして、ボディタッチも気軽にできるようになり、周りから見ればカップルさながら。

むしろ、付き合っていないのがおかしいほどでした。

そんな楽しい時間もつかの間、2時間ほどでラストオーダーの時間が来ました。

翌日は休みでしたが、初回のデートということもあって早めに解散。

充実したデートを楽しむことができて、彼女との距離も一瞬で縮まりました。

気を遣わずにお互いデートを楽しんでいたので、次会う約束をして解散という流れでした。

その後彼女のカップリング

初回のデートを含めて、3回デートを行って僕の方から告白しました。

デートをしていく中で、告白するタイミングを失って、中々告白できずにいました。
しかし、彼女と夜景を見に行くことになり、一番のチャンスだと思いお揃いのブレスレッドを購入して、当日のデートに臨みました。

そして、デート当日になり、カフェ巡りをある程度してドライブデートを楽しんだ後、都内でも有数の夜景スポットに行きました。

車から降りて、夜景を見つつ彼女に告白。

すると、快くオッケーしてくれたのです。

彼女自身も、僕が告白しないものだから、自分から告白しようと思っていたらしいです。
それくらい待たせてしまったので、少し申し訳ない気持ちになりましたねw

ペアーズを使ってカップリングできたわけですが、今でも関係は継続中です。
紆余曲折ありましたが、来年には結婚の話も出ているので、ペアーズが一生の出会いの場になりました。