Pairs(ペアーズ)でマッチングしない原因は?効果的な2つの対策を紹介!

ペアーズでは、マッチングしないと女性とのメッセージ発展しません。

しかし、中々マッチングしない人も多く、悩みを抱えている人も少なくありません。

Twitterでもある通り、マッチングしないと嘆いている人もいます。

そこで、今回はペアーズでは本当にマッチングしないのか解説します。
そのほかにも、マッチングする方法なども解説するので必見です!

この記事を読むとわかること

写真が主な原因

プロフィールを改善すればマッチングする

Pairs(ペアーズ)でマッチングしない原因3選!

ペアーズで、マッチングしないと言っている人は、様々な原因があります。

その中でも、特に考えられるのは下記の3点。

マッチングしない原因

顔写真がない

加工写真を使っている

顔写真が近い

マッチングしない原因は、ほとんどがメイン写真です。
適切な写真を設定していないと、マッチングしづらくなります。

そのため、適切にマッチングするという意味でも、しかるべき写真を設定しましょう。

顔写真がない

まず大前提ですが、顔写真がないとマッチングしません。

マッチングアプリにいる女性は、出会いに対して不安を抱いています。

「危険な人だったらどうしよう」「顔写真がないと不安」等様々。

ネットで知り合って出会うということもあり、顔写真がわからないと不安に思う人も少なくありません。

風景画や食べ物の写真を使っていて、顔写真を一切載せていない人も存在します。

このタイプは、女性から相手にされないケースがほとんど。

いいねをしてもスルーされるので、顔写真を設定するようにしましょう。

加工写真を使っている

顔写真を設定していても、加工をしている人は相手にされないケースが多いです。

特に、顔の原型をとどめないようなSNOWを使っている人はマッチング率も低いです。

女性のSNOWは許されても、男性のSNOWはキモいと思う人も少なくありません。

一般受けがよくない時点で、マッチングアプリでもウケが良くないということなので、控えましょう。

顔写真が近い

顔写真を設定する上で、極端に顔が近い写真を設定している人は、女性ウケが悪いです。

写真を撮るのが難しいという人もいますが、輪郭が見切れるほどの写真を設定している人は、アウトです。

特にゼロ距離で写真を撮っている場合は、プロフィールすら見てもらえなくなるので注意しましょう。

女性の心理として「こんなに近づかれたら怖い」と思う人も多いようで、会ったときのことを想像するようです。

それが、画面上だとしても抵抗するということは、会うまでに至ることはないということです。

”生理的に無理”といわれないようにも、程よい距離感で自撮りするようにしましょう。

マッチング率を高めるための2つの対策

マッチング率を高めたいという場合は、対策をする必要があります。

その中でも、私が推奨するのは下記の2つです。

マッチング率を高める対策

プロフィールを充実させる

好印象な写真を撮る

この2つを意識すれば、確実にマッチング率が高まります。

プロフィールを充実させる

プロフィールを充実させることによって、女性からのいいねは増えます。

その中でも意識しておきたいのは、基本情報です。

基本情報は、アピールの手段でもありますが、検索で引っかかりやすくもなります。

情報量が少ないと、検索結果に表示されなくなるので、入力は必須です。

プロフィールを充実させれば、情報量が多くなり、相手に想像させることもできます。

「この人はこういう人なんだ」「会ったら楽しそうだな」と思わせることが重要です。

好印象な写真を撮る

前述したとおり、プロフィール写真は非常に重要です。

相手からいいねをもらうためには、まず写真から見てもらう必要があります。

適切な写真を設定して、女性からのいいねを増やしましょう。

設定すると良い好印象な写真は下記の通り。

  • さわやかな印象の写真
  • 誠実さがアピールできる写真(スーツ等)
  • 笑顔の写真

この写真を設定すれば、イケメンではないとしても、相手に好印象を与えられます。

相手にアピールするという意味でも、好印象の写真を心がけましょう。

まとめ:プロフィールがすべてを決める

マッチング率が下がる原因と対策について解説しました。

重要なのは、プロフィールを設定することです。

プロフィールは、女性を安心させる材料になりますし、興味を持たせるきっかけになります。

内容が充実していないと、出会いに発展することはないので、注意しましょう。