android&iphoneで使える婚活アプリのトップ3を紹介!

「オススメの婚活アプリについて知りたい!」
「婚活アプリはどれがオススメなの?」

ネットの出会いが主流になり始めてから、マッチングアプリや婚活サイトの存在が重要視されるようになりました。

利用者も多く、どのサイトも負けず劣らずなので、それぞれにメリットが存在します。

今回は機能面や口コミ等を比較して、どのサイトが最も出会いやすく利用しやすいのかをランキング形式で紹介します。

いずれも優良サイトなので、気になる人は登録してみると良いでしょう。

1位:Pairs(ペアーズ)

1位:Pairs(ペアーズ)

最も出会いやすく、マッチングアプリの中でも婚活がしやすいサイトとして紹介できるのは、ペアーズです。

ペアーズは、国内で1000万人以上の会員数を誇るマッチングアプリです。
会員数は、業界でも最多であり、アクティブ率も非常に高いです。

男女ともに、結婚意識が高いということに定評があります。

恋活・婚活共に使用できるアプリなので、恋愛に興味がある人は登録してみると良いでしょう。

会員層・ユーザー層

ペアーズの会員層は、下記の通りです。

ペアーズの会員層は、下記の通りです。

年齢層は、20~30代がメインであり、全体の8割を占めています。

あくまでも個人的な印象ですが、男性は外見よりも内面で勝負する人が多いです。

そのため、紳士的な人が非常に多く、性格も明るい人がおおい印象です。

その代わり、イケメン系の男性は非常に少なく、顔重視でアプリを利用したいという人には不向きです。
しかし、その分女性をエスコートしてくれるような男性が多いので、紳士的な対応をされたい人には最適です。

結婚意識については、下記の通りです。

結婚意識 すぐにでもしたい 2~3年のうちに いい人がいればしたい わからない
20代 30451人 112014人 557338人 202241人
30代 37414人 73084人 315805人 47296人
40代 23696人 15349人 122622人 36233人

※20代:902044人、30代:473599人、40代:197900人

いずれも、”いい人がいればしたい”と思っている人が多く、タイミングについてはそこまで決めていないことがわかります。

結婚意識の高さで言うと、最も高いのは30代男性です。

“わからない”を除いた割合を計算すると、なんと90%が結婚を考えていることになります。

最も少ないのは、20代です。
全体の割合は、78%になります。

若いうちは、結婚意識というよりも、彼女を作りたいという意識が強いことがわかります。

仮に、女性で結婚を考えている人は、30代の男性をメインで狙うと良いでしょう。

女性の会員層は、下記の通りです。

ペアーズの会員層・ユーザー層

男性に比べると、年齢層は20~30代が9割を占めています。
アクティブ率が、約114万人なので非常に若いです。

中でも多いのは、20代前半であり、恋活に活発な女性が多く集まっている印象があります。

それが影響し、少し見た目が派手な女性が多いというのが特徴の一つです。
(見た目に気を使っている女性が多いです)

明るめの女性が多いということもあり、外見を重視したいと思っている人にとっては最適なアプリです。

その他のユーザーは、まんべんなく存在しますが、地味系の女性は少ないです。
おとなしい女性が好みの人には、不向きのサイトといえるでしょう。

結婚意識は、下記の通りです。

結婚意識 すぐにでもしたい 2~3年のうちに いい人がいればしたい わからない
20代 19773人 81184人 309092人 85604人
30代 31296人 41594人 164336人 18159人
40代 7541人 3557人 39486人 10919人

※20代:495653人、30代:255385人、40代:61503人

女性も男性同様に、”いい人がいればしたい”という結果が最も多かったです。

20代の女性は、結婚に対して消極的な部分があります。
すぐに結婚したいと思う人の割合は、全体のわずか4%です。

しかし、30代、40代と年齢が増えていくほど、結婚意識は高まってきます。

40代の女性で、”すぐにでもしたい”という人の割合は、12%です。
20代の女性に比べると、増えていることわかります。
(初婚もいますし、再婚もいます)

結婚意識の割合は、30代が最も多く93%です。
9割以上が結婚を考えているということもあり、結婚前提で利用していることになります。

最も少ないのは、20代の83%です。
しかし、それでも8割が結婚を考えているので、男性に比べるとかなり意識は高いです。

いずれも、結婚意識が高いことに変わりはないので、どの年齢層もまんべんなく狙えるサイトです。

メリット・デメリット

ペアーズには、複数のメリット・デメリットが存在します。

まず、メリットを紹介すると下記のとおりです。

ペアーズのメリット

アクティブ率が高くマッチングしやすい

誰でも簡単に出会える

初心者でも使えるサイト

ペアーズは、アクティブ率が非常に高いサイトとして紹介できます。

2019年現在で、男性は約267万人以上、女性は116万人以上のアクティブユーザーがいます。

ペアーズは、アクティブ率が非常に高いサイトとして紹介できます。2019年現在で、男性は約267万人以上、女性は116万人以上のアクティブユーザーがいます。

ペアーズは、アクティブ率が非常に高いサイトとして紹介できます。2019年現在で、男性は約267万人以上、女性は116万人以上のアクティブユーザーがいます。

※1000万人以上の会員数がいますが全員がアクティブユーザーなわけではありません。

会員当たりの全体のアクティブ率は、男女ともに4割を超しています。

アクティブ率が高いと、マッチング率も高くなり、男女ともにマッチングしやすいというサイトです。

女性は特にマッチングしやすく、いいねを送ればほとんどマッチングします。

フットワークが軽い異性と知り合うことができたら、早い段階で連絡先を交換して、会う約束を取り付けることも可能です。

ペアーズ メリット・デメリット

相手からライン交換を申し出られることもあり、その際はすぐに交換しましょう。
ペアーズは、趣味などが合っていれば話も進みやすいですし、距離感も縮まるのでオススメです。

相手のことを見極めることも重要ですが、出会い系サイトに比べると業者の数は圧倒的に少ないので、トラブルに遭うことも少ないです。

最後に、初心者でも簡単に使えるサイトという点です。

ペアーズ メリット・デメリット

自分好みの相手を検索して、マッチングしてやり取りをするだけで完結します。
マッチングアプリや婚活サイトが初心者の人は、十分使用できるアプリですね。

利用目的は様々ですが、男女ともに8割以上が結婚を前提に利用しているので、婚活にも使えます。

ペアーズ メリット・デメリット

公式ページでは、良縁報告としてレポートを閲覧することが可能です。
いずれも、ペアーズを通じて結婚した人のレポートが投稿されています。

公式のレポートとして紹介されているので、信用性があります。

マッチング後は、お互いのペース次第なので、仲良くなって慎重に距離感を縮めていきましょう。

デメリットは下記の通りです。

ペアーズのデメリット

遊び目的もいる(女性は要注意)

勧誘業者がわずかに存在する

男性は被害報告が少ないですが、女性は注意しなければならないことがあります。
それは、遊び目的で登録している人がいるということです。

ペアーズ メリット・デメリット

実際に、ラインを交換する場面のスクショになります。

左は、段階を踏んで交換した人ですね。
交換までに5日ほどかかったので、距離感も縮まって交換しました。

右は、マッチングして10回もやり取りしていないのに連絡先を交換してきたパターンです。
男性は月額制なので、やり取りをサイト内でしたからといって追加課金が発生することはありません。

そのため、焦って交換する必要は特にないです。

ペアーズ メリット・デメリット

友人から提供してもらったスクショですが、知り合った当日にライン交換をしたときの流れになります。

19時にマッチングして、その日に会うというフットワークの軽さを見せた男性ですが、スクショ最後には「生理ではないか?」というデリカシーのない質問をしてきます。

この時点で下心は丸見えですし、質問をする時点で相当気持ち悪いです。

純粋に出会いを求めている人もいますが、中にはこの様なヤリ目男子も存在するので、女性は特に注意しましょう。

そして、勧誘業者の存在です。

私が、マッチングした人の中で、ライン交換をして即勧誘をしてきた人がいます。

ペアーズ メリット・デメリット

相手からいいねをしてきましたが、自己紹介文を見て怪しさを感じていました。
投資関連のことを記載していたので、半信半疑になりつつもマッチング。

相手からグイグイ来られたので、マッチング当日にライン交換。

すると、下記の内容でメッセージが届きました。

ペアーズ メリット・デメリット

一通目でこの内容で届いたので、勧誘業者だということが確定しました。

送られてきたラインのURLに飛んでみると、インスタのインフルエンサーになるというページが確認できました。

ペアーズ メリット・デメリット

当然この後は、ラインを返さずにブロックして終了です。

わずかですが、このようなタイプの人もいるということを把握しておきましょう。

口コミ

https://twitter.com/baumkuchen_1114/status/1119809475114704896

ペアーズの口コミは賛否両論ですが、良い口コミのほうが多いのは事実です。

中でも、結婚をしたという口コミや出会えたという口コミが非常に多いです。

信頼されているサイトということもあり、結婚に対して真剣な人も多いからこそ、出会いにつながることがよくわかります。

結婚はせずとも、彼氏・彼女ができたという口コミもありました。

マッチングアプリや婚活サイトは、異性と出会うことが目的であり、お互いの波長が合えば確実にカップリングします。

結婚意識で分かる通り、若い人でも十分結婚を考えていました。
最初は恋人関係から始まって、お互いの距離感が縮まれば結婚にもつながりやすいです。

ペアーズ メリット・デメリット

会員数の20万人以上はカップリングしているという報告が挙げられており、会員の50人に1人はカップリングします。

マッチングアプリの中でも圧倒的に出会いやすく、カップリングするということがよくわかります。

ペアーズは、恋活・婚活共に利用できるサイトなので、気になる人は登録してみると良いでしょう。

こんな人にオススメ

こんな人にオススメ

彼氏・彼女を作りたい人

マッチングアプリ初心者

数年のうちに結婚をしたい人

ペアーズは、このような人にオススメできます。
会員数は業界でも最多ということもあり、カップリングが非常にしやすいサイトになっています。

恋活・婚活共に使用することができるアプリなので、内容を理解して利用すれば確実に出会えるきっかけになります。

そして、初心者でも簡単に利用できるようなシステムで構成されているので、お試し期間として利用してみるのも良いでしょう。

補足ですが、セキュリティも整っています。

ペアーズ メリット・デメリット

身バレ等の心配がある人でも安心して利用できるため、気にすることなく利用できます。
先ほど紹介した、勧誘業者に関しても、運営の有人監視の下で次々に排除されているので、心配する必要はありません。

相手のプロフィールを見極めて、どういう人か判断すれば、トラブルにも遭いにくくなります。

気になる人は、登録することをオススメします。

2位:With(ウィズ)

With(ウィズ)マッチング婚活アプリ

Withは、2015年にリリースが開始されたマッチングアプリであり、会員数は100万人と小規模です。
上場企業が運営しているという安心感と、メンタリストが監修を務める多プリということもあり、非常に評価の高いアプリです。

恋活・婚活共に使用可能なアプリです。

With(ウィズ)マッチング婚活アプリ

コンセプトは、運命よりも確実というものです。

メンタリスト監修の元で運営されているので、心理テストや性格診断等を行うので、自分に気の合う異性を紹介してくれます。

定期的にイベントが開催されており、そのイベントに参加することで異性とのマッチング率を高めることが可能です。

With(ウィズ)マッチング婚活アプリ

心理学の観点から異性を紹介するという斬新なアイデアから、会員層が増回しているのは事実です。

With(ウィズ)マッチング婚活アプリ

リリースして間もないアプリなので、ユーザー数も多く増加しています。
(毎週15000人以上が登録しています。)

様々なシーンで利用可能なので、気になる人は登録することをオススメします。

会員層・ユーザー層

Withの男性の会員層と年齢層は下記の通りです。

With(ウィズ)男性の会員層と年齢層は下記の通りです。

年齢層が若いということもあって、明るい系の人が最も多いです。
顔面偏差値に関しては、そこまで高くないということもあり、顔重視で選びたい人にとっては、不向きです。

特に、ダンディ系や紳士系等、エスコートしてくれるような男性が少ないので、エスコートされたい人には向いていません。

年齢層に関しては、20代が最も多く全体の約7割を占めています。

30代も合わせると、20~30代が90%を占めていることがわかります。

年齢層の若さが影響しているのか、婚活について考える人は少ない印象があります。
どちらかというと、恋活で利用している人が多いです。

そのため、カップリングはするものの、結婚に至るというケースは少ないといえるでしょう。

男性会員の結婚観念は下記の通りになります。

結婚意識 すぐにでもしたい 2~3年のうちに いい人がいればしたい わからない
20代 4446人 28404人 175252人 41449人
30代 6710人 15197人 25154人 3823人
40代 3761人 2039人 17997人 2545人

※20代:249551人 30代:50884人 40代:26342人

男性で最も多いのは、”いい人がいればしたい”というものでした。
タイミング的にも、すぐ結婚したいという人は少なく、年齢によって左右される部分もあります。

20代の場合、すぐにでもしたいと思っている人は、全体の約2%です。
若年層は、結婚に対してそこまで真剣に考えていないことがわかります。

年齢層別の結婚意識の割合は下記の通りです。

  • 20代:83%
  • 30代:92%
  • 40代:90%

どの年齢も結婚意識が高いことがわかりますが、最も多いのは30代です。
30代から40代にかけては、特に真剣に婚活をしている人が多いので、ねらい目でもあります。

ただ、タイミングを見計らって婚活を行う人が多いので、まずはカップリングからする必要があります。

女性の会員層と年齢層は下記の通りです。

With(ウィズ)女性の会員層と年齢層は下記の通りです。

会員層ですが、かわいい系の人が圧倒的に多いです。
次いで多いのは、地味系の女性です。

少し大人しめの女性が多いので、落ち着いている女性を狙いたいと思っている人には最適です。

年齢層が関係しているので、どちらかというときれい系の女性は少ない印象でした。

また、派手目の女性も少ないので、女子大生などを狙いたい人には不向きです。

女性会員は、男性会員に比べると、真剣にアプリを利用している人が多いので、カップリングにも時間がかかります。

心理テストの結果に基づいてマッチングするわけですが、そこから相手のことを知ろうとするので、女性はかなり慎重です。

女性の結婚観念は下記の通りです。

結婚意識 すぐにでもしたい 2~3年のうちに いい人がいればしたい わからない
20代 4341人 22178人 91486人 11948人
30代 6470人 9282人 31124人 1774人
40代 1116人 441人 5484人 1268人

※20代:129953人 30代:48550人 40代:8309人

男性同様、結婚観念で最も多いのは”いい人がいればしたい”というものでした。
どの年齢層も、結婚に対して真剣に考えていることがよくわかります。

しかし、すぐにでもしたいという人は少ないです。
特に20代の女性は、約3%しか選択していませんでした。

30~40代の女性は、13%が選択していましたがそれでも少ない方です。

年齢別の結婚観念については、下記の通り。

  • 20代:91%
  • 30代:96%
  • 40代:85%

どの年齢層も結婚を真剣に考えている人が多いです。

男性と比較すれば、20代の女性も結婚意識が高く9割が結婚を考えています。
最も多いのは、30代でありほとんどが結婚を考えていることがわかります。

どのアプリでも、30代が中心になって婚活を行っていることがわかります。

仮に、結婚を真剣に考えている人は、30代を中心に狙ってみると良いでしょう。
恋活をしたいなら、20代を中心に狙うことをオススメします。

メリット・デメリット

Withが優良アプリだというところがわかったので、メリットとデメリットについて触れます。

良い部分もありますが、悪い部分も存在するので包み隠さず紹介していきます。

Withのメリット

アプリに特化した検索システム

相手との共通点がわかる

Withは、心理学の観点に基づき異性を紹介してくれるという、特殊な検索システムを導入しています。

前述しましたが、心理テストに回答することで相性の良い相手をアプリ側が紹介してくれます。

実際に、開催されているイベントに参加してみました。

With(ウィズ)メリット・デメリット

※今回受けたのは”ストレス発散デート”というものです。

運営が用意している質問に、手順に沿って答えていくだけで完了します。
1つの心理テスト当たり、7~10問程度の質問なので数分です。

季節ごとのイベントを開催しているものと、プリセットにある相性診断等で構成されています。
個人的には、季節イベントに参加したほうが気軽にマッチングできます。

回答が完了すると、自分のタイプを紹介してくれます。

私は、ヒーリングデートという結果になり、ヒーリングデートが好みな女性が表示されました。

With(ウィズ)メリット・デメリット

表示された女性のプロフィールを見ると、相性についてがわかりやすく記載されていました。

心理学に基づいているので、信用性はありますし、相性が良い人とマッチングすることでカップリングにもつながります。

With(ウィズ)メリット・デメリット

次に、相手との共通点がわかるという点です。

異性の詳細プロフィールを閲覧すると、共通点という項目で、自分と共通している項目を閲覧可能です。

With(ウィズ)メリット・デメリット

イベント参加ではなく、普通に異性を探すというときに参考になりますし、共通点から話題も広がります。
個人的に利用していて感じたのは、親近感がわくということでしょう。

具体的な趣味ではなく、内面的な価値観がわかるので、共感できる部分も多いです。

共通点が多い人とマッチングすれば、マッチング後もすぐに意気投合できるでしょう。

デメリットは下記の通りです。

Withのデメリット

有料会員じゃないと使えない(男性のみ)

人気会員を推奨してくる

マッチングアプリに共通して言えることですが、Withは有料会員ではないとほとんど機能面が使えません。

無料会員でできることは多いですが、女性と出会うために必要なメッセージを送ることができません。
それに、マッチングして女性からメッセージが来ても閲覧できません。

そのため、無料会員で出会うのは不可能です。

ただし、有料会員になるまでの仕込みはある程度可能です。

  • イベントに参加して異性との共通点を見つける
  • プロフィールを充実させる
  • いいねをして事前にマッチングする

無料会員の時点でこの仕込みが完了していると、課金した際にスタートダッシュを切れます。

ライバルが多い中で、戦っていくためには仕込みを徹底する必要があるので、実践しましょう。

次に、Withが推奨してくる異性についてです。

With(ウィズ)メリット・デメリット

機能上、相性が合う人と人気会員を紹介するシステムになっています。

もちろん、美人な人やイケメンな人も紹介してくれますが、敷居が高すぎてマッチングに至ることはありません。

多くの人からアプローチを受けている人にいいねをしても、返信が来ることはほとんどありませんからね。

そのため、好みの異性を見つけたいという場合は、おとなしく検索機能に頼ったほうが良いでしょう。

口コミ

https://twitter.com/yuruOLninaritai/status/1085285866770096128

Withについての口コミは多数寄せられていましたが、年齢層が若いということもあって、婚活として利用するには少し難しいものがあるようです。

年齢層が若いと、結婚に対する意識は低くなりますし、彼氏・彼女を作りたいという人が増えます。

婚活サイトというよりは、恋活サイトとしての側面のほうが目立っています。

しかし、実際に知り合って付き合っている人の口コミもありました。

結婚を考えている人でも、アプリで知り合ったという障壁が関係しているのか、結婚に対して慎重になる人も多いようです。

しかし、完全に結婚できないわけではありません。

ペアーズ同様に、公式ページでは、良縁報告を閲覧することが可能です。

With(ウィズ)メリット・デメリット

カップリングから結婚まで様々ですが、マッチングアプリということもあり、男女の出会いに貢献しているのは確かです。

しかし、婚活をメインで使おうと思うと真剣度が低いので適していません。
女性の場合は、他のアプリと併用して利用することをオススメします。

https://twitter.com/neun09/status/1110021678778585089

一方男性は、Withを利用している女性が結婚意識や恋愛に対して真剣なので、婚活メインで使用しても良いでしょう。
カップリングから結婚に至るまでは、お互いの波長次第になってくるので、その辺も意識すると良いです。

こんな人にオススメ

こんな人にオススメ

恋活・婚活を楽しみたい人

顔重視でサイトを利用したい人

Withは、普通のアプリに比べると、心理学を中心にマッチングするという斬新なシステムの元運営されています。
そのため、心理学を楽しみながらアプリを利用できるという点では、非常に優れています。

ただ、異性を探すだけではなく、心理テストを受けてその結果に沿って異性とマッチングすることに、ゲーム性を感じる人もいるでしょう。

特に女性は、心理テストが好きな人が多いので、条件に沿った異性を紹介してくれるでしょう。

次に、顔重視でサイトを利用したい人に向いています。

With(ウィズ)メリット・デメリット

Withは、男女問わず顔面偏差値が高い印象があります。
顔立ちが整っている人が多いので、恋活や婚活で顔を重視している人には最適です。

イベントなどに参加して、好みの顔の人と共通点を増やすことで、マッチング率も高めることが可能です。

通常のアプリに比べると、圧倒的にマッチング率は高いので、非常にオススメです。

3位:ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結びは、会員数85万人以上を突破したマッチングアプリであり、紹介した2つのアプリに比べると、特に婚活に特化しています。

会員数の多くは、結婚を真剣に考えており、恋活目的では使用することは難しいです。

結婚を前提に考えているユーザーが多いので、マッチング後すぐに結婚の話になることもあります。

運営会社は大手のリクルートグループであり、信用性もあり安心して利用することが可能です。

結婚情報誌のゼクシィが母体になっているので、結婚をサポートするコンシェルジュも存在します。
アプリ上でデート日程や、場所を調整することが可能なので非常にお得です。

婚活を真剣に考えている人は、利用してみると良いでしょう。

会員層・ユーザー層

男性の会員層と年齢層は、下記の通りです。

ゼクシィ縁結び男性の会員層と年齢層は、下記の通りです。

ユーザーのほとんどが結婚を考えている人が多いということもあり、紳士系とダンディ系の男性が多く集まっていました。

特に、女性をエスコートしてくれそうな誠実な男性が多く、写真などもスーツで撮っている人がほとんどでした。

上記2つのアプリに比べると、真剣に婚活を考えている人だけが登録するサイトなので、誠実さをアピールすることが重要なのでしょう。

しかし、顔面偏差値はそこまで高くありませんでした。
イケメン系の人は少なかったですし、明るい系の人も少なかったです。

これは、年齢層が関係しています。

年齢層は、最も多いのが30代で39%。
次いで20代が多く、36%です。

婚活サイトということもあり、20~40代が満遍なく存在するイメージがあります。

結婚意識については下記の通りになります。

結婚意識 すぐにでもしたい 1年以内に結婚したい 3年以内に結婚したい その他
20代 1151人 1305人 20530人 12299人
30代 3251人 6211人 29552人 6893人
40代 3521人 5019人 10135人 4373人

※20代:35285人 30代:45907人 40代:23408人

結婚観念で最も多かったのは、3年以内の結婚したいという人でした。
どのアプリも、結婚に対して慎重だということがよくわかります。

婚活サイトでも、その観念は変わりません。

すぐに結婚したいという人は、少なく20代で3%です。
40代でも15%と割合は非常に少ないです。

ゼクシィ縁結びは、婚活に特化しているということもあり、余計に結婚に慎重になる人が多い印象があります。
カップリングしてすぐに結婚というわけではなく、お互いのことを知った上で結婚する人が多いといえます。

年齢別の結婚観念については、下記の通りです。

  • 20代:65%
  • 30代:85%
  • 40代:81%

慎重すぎるが故に、結婚に対してシビアな人も多いようです。
特に、20代に関しては65%しか結婚を意識していません。

年齢が年齢ということもあり、結婚を意識しないのもわかりますが、かなり少ないです。

最も多いのが30代なので、ゼクシィ縁結びで婚活をしたいと思っている女性は、30代を中心に狙うことをオススメします。

女性の会員層と年齢層は下記の通りです。

ゼクシィ縁結び女性の会員層と年齢層は、下記の通りです。

女性でもっとも多かったのは、きれい系の女性と地味系の女性ですね。

特に、きれい系の女性が多く年齢層が関係しています。

最も少ないのは、派手系の女性です。
ユーザーを探してみましたが、派手系の女性はほとんど見つかりませんでした。

婚活を考えている人が中心に登録しているということが考えられるので、見た目も落ち着いた人が多いことが予想されます。

年齢層に関しては、最も多いのが30代の46%でした。
次いで20代が多く40%いました。

年齢層は、20~30代が全体の8割を占めているので、平均的に若いといえるでしょう。

結婚観念については下記の通りです。

結婚意識 すぐにでもしたい 1年以内に結婚したい 3年以内に結婚したい その他
20代 1255人 2332人 22120人 6805人
30代 3498人 10385人 29190人 4240人
40代 1323人 3100人 3842人 1926人

※20代:32512人 30代:47313人 40代:10191人

結婚観念で最も高かったのは、3年以内に結婚したいというものでした。
20代の女性は特に、顕著に表れています。

逆にすぐにでもしたいという観念の人は最も少なく、全体の4%でした。
30代は7%で、40代は13%です。

年齢を重ねていくたびに増えていくのはわかりますが、それでも10%未満なので結婚に対して真剣な人が多いということがわかります。

30代以降の女性で、次いで多いのが”1年以内に結婚したい”というものでした。

30代の女性は22%、40代の女性は30%がこの観念を持っています。
結婚に対する意識というのも強くなっていくので、この結果になるのも頷けます。

年齢別の結婚意識は下記のとおりです。

  • 20代:79%
  • 30代:91%
  • 40代:81%

いずれも結婚を考えていることに変わりはありませんが、30代が最も婚活に対して真剣に考えています。
どのアプリでも、30代は特に結婚について考えていますね。

ゼクシィ縁結びで女性を狙いたいと思ったときには、30代の女性を中心に狙うと婚活に最適です。

メリット・デメリット

年齢層を見る限り、結婚に真剣な人が多いということがよくわかりました。

婚活に特化しているというだけあって、結婚を考えている人には最適な婚活サイトといえます。

使い勝手に関しては、個人差がありますが、メリットデメリットが存在します。

メリットに関しては、下記の通りです。

ゼクシィ縁結びのメリット

会員のほとんどが婚活をしている

大手会社による運営

豊富なマッチングシステム

まず、ゼクシィ縁結びは会員のほとんどが婚活をしています。
婚活に特化しているので、恋活や遊び目的で利用している人はゼロに近いです。

私も利用経験がありますが、真面目に婚活をしている人が多いので、若い年齢は蚊帳の外になってしまう部分があります。

ゼクシィ縁結びは会員のほとんどが婚活をしています。

結婚観念も明確に設定している人が多く、具体的に結婚する時期などもプロフィールでわかります。
また、男女ともに婚活に真剣な理由として、女性も料金が発生することが挙げられます。

通常、マッチングアプリは、女性が無料で男性が有料のものが主流でしたが、ゼクシィ縁結びは女性も有料です。

ゼクシィ縁結びは女性も有料です。

料金プランは男性と変わらず、月々3980円から利用可能です。

基本は無料だというテイストで近づくので、ゼクシィ縁結びに登録しているということは、結婚に対してかなり真剣ということになります。

次に、大手会社が運営しているという点です。

冒頭でも触れましたが、ゼクシィ縁結びはリクルートグループが運営している婚活サイトになります。

そのため、安全面が保証されています。
マッチングアプリ特有の業者被害に遭うこともありません。

最後に、豊富なマッチングシステムについて紹介します。

ゼクシィ縁結びには、「価値観マッチング」というコンテンツが存在します。

ゼクシィ縁結びには、「価値観マッチング」というコンテンツが存在します。

カップルの特徴を抽出した上で、興味がありそうな異性を紹介してくれるというサービスになっています。

登録時に、18個の質問に答えて、その結果に応じて異性が紹介される仕組みです。

質問は、結婚の価値観や性格に関してが多く、18個と少ない質問数でも10分程度回答にかかります。

真剣に答えるほど、価値観マッチングで自分に理想の相手を紹介してくれるので、便利な機能です。

デート前に価値観が合っていることがわかると、デートもより良いものになります。

また、マッチング後に上手くデートに誘えないという人は、デート代行サービスを使うと良いでしょう。

ゼクシィ縁結びには、「価値観マッチング」というコンテンツが存在します。

相手と初対面の場合、中々デートの約束を積極的に行えないことが多く、困惑してしまう人もいます。
しかし、コンシェルジュに任せると、デート日程や場所を調整してくれるので便利です。

手順は、下記の通りになります。

ゼクシィ縁結びには、「価値観マッチング」というコンテンツが存在します。

お互いマッチングした状態で、最初からデートをするという前提で始まるので、ドタキャンもありません。
それに、連絡先を交換せずに会えるので、警戒心が強い女性からすると安心です。

慎重に異性に出会いたいという人は、この機能も利用してみると良いでしょう。

この様に、便利な機能やメリットもありますが、デメリットも存在します。

ゼクシィ縁結びのデメリット

会員数が少ない

料金プランが高め

まず会員数ですが、約85万人と非常に少ないです。

アクティブユーザーは、男性が約22万人で女性は約19万人です。
男女比率はほとんど変わらず、均衡がとれているので、まんべんなく出会いにつなげることが可能です。

ゼクシィ縁結びのデメリット

ゼクシィ縁結びのデメリット

しかし、地方に住んでいて異性を検索しようとすると、激減します。
(利用者が関東に集中しているため)

私の地元である”佐賀県”で検索した結果が下記になります。
※女性のみです

ゼクシィ縁結びのデメリット

わずか、600人弱しか表示されませんでした。
地方の出会いには特化していませんし、利用するのも困難なので不向きです。

次いで、料金についてです。

男女問わず、料金プランは変わりませんが、婚活サイトの中では若干割高な設定になっています。

1か月プランで、3980円から利用可能です。

他サイトと比較すると、下記の結果になります。

順位 アプリ名 月額料金
1位 ユーブライド 4300円
2位 ゼクシィ縁結び 4300円
3位 omiai 3980円
4位 タップル誕生 3900円
5位 イヴイヴ 3600円
6位 Pairs(ペアーズ) 3480円
7位 With 3400円

婚活サイトのユーブライドに次いで2位にランクインしています。
やはり、婚活に特化していて真剣な人が多いというだけあって、料金設定も高めになっています。

ゼクシィ縁結びの場合は、即結婚を考えている人にオススメできます。
彼氏・彼女が作りたい人には不向きであり、結婚を前提に考えている人ではないと利用は難しいです。

婚活をできるという点では非常に優れていますが、料金面や機能面を考えると、他のマッチングアプリで婚活をしたほうがコスパも良いです。

口コミ

ゼクシィ縁結びには、様々な口コミが寄せられていました。
やはり、結婚を考えているというだけあって、恋愛に対して真剣な人が多いです。

特に、女性はスペックが高い人が多く、理想が高い女性が多いという口コミもありました。
結婚意識が高いのか、2か月で結婚したという人もいます。

中には、婚活の最終手段としてゼクシィ縁結びを使おうと考えている人もいるくらいです。

会員数が少ないのはデメリットといいましたが、競争率が低いという点を考えると、優れています。

ペアーズのように会員数が多すぎるサイトでは、マッチングしてもメッセージにつながることが少なかったりします。
しかし、ゼクシィ縁結びの場合は、ライバルも少ないので、好みの人がいれば簡単に狙いやすくなります。

それに、コンシェルジュによるサービスもあるので、デートをしたいという気持ちが合致すれば、すぐ出会うことも可能です。

若干割高ですが、その分の価値はあるでしょう。

出会えないという人もいるみたいですが、遊び目的などで利用している人だと考えられます。
利用者のほとんどは、結婚を考えているので、遊び目的で近づこうとすると必ず失敗します。

サイトやアプリに合った目的で、利用することが重要です。

こんな人にオススメ

こんな人にオススメ

短期間で結婚したい人

真剣に婚活をしたい人

恋愛に対して消極的な人

ゼクシィ縁結びでオススメな人は、上記のタイプです。

まず、短期間で結婚したい人です。
サイト自体が結婚に対して前向きな人が多いので、結婚で活気にあふれています。

口コミでは2か月で結婚した人もいる通り、お互いの波長さえ合ってしまえば結婚は遠くありません。

ゼクシィ縁結びでオススメな人は、上記のタイプです。

婚活サイトやアプリではよくありますが、良縁報告も挙げられています。
サイト内の80%以内は、登録して6か月以内に会っているということもあり、会える婚活サイトということに信頼性があります。

そして何より、登録している人は結婚意識が高いです。
真面目に結婚を考えているということもあり、婚活をしたい人にとっては安心して利用できます。

最後に、恋愛に対して消極的な人です。

同時に、婚活に対して消極的な人にも最適です。

ゼクシィ縁結びでは、通常のマッチングサイトに比べると、誰でもマッチングできるようなシステムで運営しています。
(価値観マッチング、学習機能、コンシェルジュサービス等)

そのため、恋愛に消極的な人でも、簡単にサービスを利用することが可能です。
恋愛経験が一切ない人でも、運営がサポートしてくれます。

本気で婚活したいと思っている人には、オススメのサイトといえるでしょう。

まとめ

この様に、婚活サイトとマッチングアプリについて紹介しました。

婚活という点で考えればどれも優れているアプリです。
しかし、機能面の比較や会員層などを考えると、大手のマッチングアプリであるペアーズが最も婚活に使いやすいです。

婚活サイトとして使用しなくても、彼氏・彼女を作るためのサイトとして使えるので便利です。

本気で婚活をしたいと思っている人は、婚活サイトに登録するのもありですが、範囲が狭まります。
まずは恋人関係からスタートしたほうが、気楽に話が進みます。

いきなり結婚を考えてからお付き合いすると、トラブルになるケースも考えられるので注意しましょう。